遺品整理と不要品処分の流れ|スッキリ綺麗にバイバイ

遺品整理と象牙

象牙でできた物の価値

倉庫整理や故人の遺品整理で出てきた骨董品の中には、意外な高額で買取されるものもあります。状態が良ければ尚のこと良いですが、骨董品の素材によってはさらに価値が高まることもあります。 金や銀、プラチナといった貴金属は価値が変動しやすいため高い時期に売ることが前提となりますが、象牙の価値はそうそう変化しません。というのも市場の商品の数、保管の難しさ、需要と供給のバランスから考えてみると、象牙は希少価値がとても高いのです。そのため象牙の価値は高いままなのです。 また、象牙は使い心地が非常に良いことでも知られています。象牙を使った品には判子やピアノ鍵盤、杖など幅広い分野に応用が効きます。一度象牙商品を使うとほかの原料で作られている物が考えられないという人もいます。

骨董品の買取はネットが便利

骨董品を倉庫の中で見つけたら、鑑定士に見てもらって価値を確認しましょう。このとき骨董品の価値に不安を感じたら、一人でなく複数の鑑定士に見てもらうことをお勧めします。持ち込み鑑定も可能ですが、今はネット上での買取依頼や鑑定依頼も可能です。写真や状態を伝えるだけでもおおまかな鑑定は可能ですが、その際は金額に差が出やすいのでやはり持ち込みや自宅に来てもらっての鑑定のほうが信頼ができます。 たくさんある買取サイトからどこを選べばいいのかわからないときは、買取サイトの口コミやネットランキングを参考にするとよいかもしれません。またテレビに出演したことのある鑑定士や人気の鑑定士はネット上でも鑑定を行っていることがあります。